ccokitaのネゴト

旅行と食べる事が大好き😻日々の出来事&疑問を気の向くまま呟き楽しい毎日を目指してます♫

満足なひととき🤩

今日は街の中心地で手続きがあった為、お姉さんと一緒に久々のレストランでのランチ🍽

 

日本では、友人と一緒にランチや買い物に行くのが楽しみだった。

しかし、こちらに来てからは、主にホームパーティー、アサドや夜に出かける事が多かったので、なかなか大好きなランチに行く機会が無かった。

 

Xserverビジネス

春到来で寒くもなく暑くもない最高の気候、今日は天気も良いのでまずはコースター沿いを散歩、エメラルドグリーンの海と空の青さに解放感抜群。

 

そしてショッピングやレストラン通りをブラブラし、本日のレストランを決めた。

ちょうどお昼時だったのでレストランの中は満席近い。 

天気もいい事だし外の席に座ることに。

近くのテーブルにはワンちゃん連れの年配のご夫婦が、犬達はおとなしくテーブルの下におさまっている。日本では犬連れで入れるレストランもそうそうないので、こちらのオープンなところがホッコリする。 その他は会社の同僚やでランチをしているテーブルが多い。

 

さて忙しくても笑顔で対応してくれるウェイトレスにセットメニューとビールを注文。

セットメニューはサラダ、パンの盛り合わせ、メインコース(ビーフ、ポーク、チキンから選べる)そしてコーヒー。 やっぱりアルゼンチンは牛肉がおいしいのでメインはステーキをMedium well downの焼き加減で😋

 

早速、ビールとパンの盛り合わせサラダが運ばれてきた。

とりあえずビールで乾杯🍻お昼間のビールは最高‼️

サラダドレッシングはオリーブオイル、バルサミコ酢と塩をお好みで。

パンとsalsa criollaが美味しいので心が弾む。



メインのステーキ&フライドポテトが運ばれてきた。

お肉は結構分厚いステーキだけどジューシーで柔らかい、ポテトもいい具合にクランチでとっても美味しく、うーん幸せ😊

だけどビールとパンで結構お腹が一杯で、ステーキ食べきれず🤣お姉さんのチキンも量が多く、残りは全てCcoki夫が平らげる事に。

 

忙しいウェイトレスに食後のコーヒーをお願い。 もうお腹が一杯過ぎてコーヒーも飲めないぐらい。。セットメニューは一人1350ペソその他ドリンクと合わせて3人で4050ペソ、少しチップを渡しとっても満足なランチタイムだった。

 

食後はゆっくりと住宅街を散歩することに。

至る所で街路樹がとっても綺麗に咲いている



結局、夜のメニューもステーキ&トルティーヤ、赤かぶの温サラダ。

今日は満腹の1日、明日は少しエクササイズせねば😅太る一方だ。

 

 

 

 

 

 

 

iPadから送信

やっぱり嬉しい誕生日🤩

やっぱり何歳になってもお誕生日🎉にお祝いされるのは嬉しいものだ。

 

Xserverビジネス

日本でも家族でお誕生日をお祝いするのは普通だけど、子供の頃の誕生日会を除いて、大人になってからは成人式や還暦などの節目を除いて盛大なお祝いはすくないのではないかなと思う。

 

こちらではしょちゅう誕生日の集まりがある。1ヶ月に一体何回あるのか?

あまりにも頻繁に誕生日会があるのでまたなのねと思うこの頃で、ようは誕生日という理由でパーティーを楽しみたいかなと結構冷めていた。

 

こちらでは大切なお祝いのなかに、女の子の15歳の誕生日がある。

以前、姪の15歳の誕生日祝いのビデオを見たがまるで日本の結婚式の様に盛大でビックリ😳したのを覚えている。 

豪華な食事に、音楽、ダンス、豪華なドレス、お父さんと娘が踊る姿は結婚式にしか見えない😌

 

また義理姉の50歳の誕生日にも姪の15歳の誕生日と同じように盛大なパーティーを開催。参加者も100人近いようだ。。。😅

感覚が違うのか規模が大きすぎの様な気がするのは私だけ😳

イブニングドレスを着て記念写真をプロのカメラマンに撮ってもらい、パーティーもビデオ撮影。コース料理にダンスパーティがかなり長い時間行われている。 

参加者は家族親戚を除くと会社の同僚や友人など、シニア世代も超ノリノリで踊っていて、楽しそうだ。この国の人達は楽しむのがかなり上手で羨ましい。

恥ずかしがっている人なんていない。

 

20年近く前にお姉さんの結婚式に参加した際、ほろ酔いでノリノリでダンスていた話を未だにあの日本人は誰だーーと集まりがある度に話題になるらしい。

その時のビデオを見るかと言われても、恥ずかしい🫣から見たくない超日本人の私。。。

 

先月は私の誕生日だったのだが、少し前から誕生日会の話がのぼり、何度も盛大にしないで欲しいとお願いし、家で親戚一同集まりお祝い🥂で十分と言い続けた。

 

誕生日当日、朝一でケーキと風船の宅配が届く!! ナイスサプライズ🥹に感激


夜のパーティーでは大好きなハム、チーズ🧀、サンドイッチ、pizza、大好きな辛口のワイン、そして花火付きのケーキで英語と日本語でHappy Birthdayを大合唱。それだけでとっても幸せな時間。

 

特に嬉しかったのは、義弟からの手作りバースデーカードに感激‼️

 

家族の皆んなにありがとうと感謝の気持ちで一杯😍

これからは誕生日に呼ばれたら、「またか」と面倒がらずに参加しようと思う。

Mar de las pampas

最近、春の訪れと共に少し遠出しコースター巡りが続いている。

 

まずは北へ車を走らせ1時間半。道路は広い2車線で、基本的に街中を過ぎると渋滞も全くないので快適なドライブであっという間に、Mar de las pampasに到着。


道中の景色は転々と小さな町がある以外、右手はステキな海の景色が見られ、左手は一面牧草が続き牛🐂や馬が放されている。

 

Xserverビジネス

ここは夏のリゾート地で日本の軽井沢の様な雰囲気だ。

入り口に入るとすぐに、Pino tree(松の木)の森林に囲まれ別荘が立ち並んでいる。

綺麗な空気と松の木の香りに一気に心身共にリフレッシュされる😌

 

 

村の中心地に入るとまるで絵本の世界に飛び込んだ様で7人の小人に遭遇しそうでワクワクする。お洒落なカフェ、レストラン、お土産店が松の木の間にバランスよく建ち並んでいる。

夏ではなくても、けっこうな人で賑わっている。一つづつお店巡りをし工芸品やユニークな小物にワクワク。見ているとどれも欲しくなってくる。。。

結局、革製品のお店に入って、かわいい鞄や小物が手頃な値段で売っていたので鞄とアクセサリー、キーホルダーをお買い上げ。

牛革製品の品質はとても良くとっても満足😃

 

TVでも話題の魔法のタオル!【エアーかおる】

帰りの道では牧草地の彼方からオレンジ色の夕空が広がり、なんとも言えない気持ちになる。旅の終わりの気持ちに調和され黄昏ながら今日も1日が終わった。



 

 

 

 

 

 

iPadから送

今後はさらに用心しなければ。

ここ最近警戒はしていたけど、先日やはり泥棒の被害に遭ってしまった↘️

 

1ヶ月程前のある晩、家族がネコを庭に呼びに行った際に、塀の上に人が立っていたのを見たのが始まりだった。 それから10日ほど後、今度は隣の家に住む姪が窓の外に人影が見えると連絡してきたりと続いてたので、皆んなで警戒を強めてセキュリティの見直しも考えていたところだった。

 

ある晩、外から音がするとccoki夫が見に行くと、姪の家が泥棒に入られ既に警察に連絡しちょうど被害などの検証をしていたところだった😳

泥棒が2階の窓を割って入ろうとしてた様だが、鉄柵があるので家の中までは入られず、最終的に被害は窓の近くにあった小物や庭に置いてあった自転車を盗まれただけだった。

とりあえず、泥棒に鉢合わせもせずに怪我もなかったので本当によかった😫

次の日に警察署に被害届を出し保険会社に連絡したり、当事者の姪達は大丈夫とケロッとしているが、大人達はその後セキュリティの見直しの話し合いや手配、作業と続き先週末までバタバタ続きで結構疲れた。

壊された窓

Xserverビジネス

それにしても不思議なのが普段すごく音に敏感な私達なので、ガラスが割れる音などあると目が覚めるはずなのに、特にその夜は近所の騒音(ミュージック)や犬の吠える声などもなく静かだったのに、誰も目覚めなかった。肝心な時に何で犬も吠えなかったのか。。。

 

TVでも話題の魔法のタオル!【エアーかおる】

泥棒被害からさらに音に敏感になり、庭から音が聞こえるたびに飛び起き確認しまくっているccoki 夫。その度に姪達に連絡し安全確認やら忙しい。まあ安全に越した事はないから文句はいえないが、寝不足続きになりこっちの方がフラフラだ。

 

今考えても泥棒に1ヶ月前から狙われて家の動向をチェックされていたに違いない‼️

正直なところ異変には気がついてはいるが、なかなか回避するのは難しい。

この国も貧富の差が大きいし、軽犯罪は日常茶飯事だ。

実際、被害にあった姪に警察が来た時にどうだったか聞いたが「この国の警察は何にもしない、役立たずだ!」と指紋採取も何もなかったらしい。正直、どんな感じだったのか起きてたらよかったと残念だ。過去に私自身も他の国で2度泥棒の被害に遭ったが、その際警察の対応は悪くなかった。

 

昨日、突然知らない男性に通りで呼び止められた。知らないふりして通り過ぎようと思ったが説明を聞いてみると、家の前で男の子が立っていて、家の庭に入ってしまったボールを返してあげてと。 その男性が何で私がこの家の住人か知っているのに驚いたが、皆んな普段から近所の動向をチェックしているのを改めて気づいた。確かに近所で見かけるアジア人は私一人しかいないし。

 

結局この国では泥棒ぐらいは大したことない感じだ。

一見のんびりし平和そうに見えるが、常に犯罪は身近だし緊張感を持って生活するのが危険から身を守り安全に生活する秘訣だ。

 

 

 

iPadから送信

今さらだけど。。。

何が今さらかと言うと、SNSにハマりました。😅

昔から興味が出ると没頭する方ではありましたが、楽しくてしょうがない。

用事がない日は何時間でもいIPad を見ている。。。。。。

 

Xserverビジネス Xserverビジネス

もちろんメールやインターネット、ネットショッピングは普通に使ってたが、FB、インスタ、YouTubeTwitterTikTok などは、アカウントを作ってもあくまで友人の物を見る為で、自分から発信する事はなかった。 「いいね」も一言でいうと面倒くさい。。。

 

1年半前に仕事を辞めてから時間ができ、まずは海外のネットドラマアメリカ、イギリス、韓国、中国ドラマにはまって現在進行形だ。

 

去年は失業保険申請時に、今後のことを考え職業訓練校でウェブデザイナーのコース(どんな様子かは後日新たに書こうと思ってます)を受講した。どうしてかと言うとPCを使いながら新しい事を始めてスキルアップを考えてのことだったが。

 

TVでも話題の魔法のタオル!【エアーかおる】

こちらに来てから、時間もあるので重い腰を上げてインスタデビュー😆

最初はYouTubeで初心者向けの動画を見ながら1時間ぐらい勉強し、緊張しながらいざ投稿。写真編集、動画作成、文字入れ、BGMの選曲など始めてみると思ったより簡単で、何で今まであんなに面倒くさがって避けていたのか不思議でしょうがない。

 

何故こんなに楽しいかと自分でも不思議だ🤔が、特に去年受講したフォトショップのお陰で写真編集がサクサクでき、便利なアプリもたくさんあるので携帯で撮った写真や動画が簡単に編集出来ありがたい。 最近何の刺激もない生活だった為か自分で企画、作品を作るのに仕事とは全く違って遣り甲斐を感じ完全なる自己満足。

 

それにAIの賢いことに今更ながら感心する。自分自身で友人知人のアカウントを探さなくても勝手に見つけてくれるので、さくさくと知り合いをフォローすることが出来るしメッセージを送るのも簡単。特に海外の友人など近況がオンタイムでシェア出来るので、インスタのチェックが日常的になった。

 

何十年人生を振り返ると今まではアウトドア派!!

 

短期間でインドア派へ、インドアと言うと聞こえは良いがオタクへまっしぐら。

 

やはり世間で流行っている物は理由があったのだ。

もちろん個人情報に関するセキュリティなどは気をつけないといけない。 

今後も色々な機能の使いかたなど次から次へとまだまだだ。

 

少し前からesportもよく耳にし興味はあるが、ゲームにもハマると少しこわい気が。。。

 

今思えば父が仕事をリタイアしてから、急にスマートフォンを使いさらにPCのコースに通い熱中している姿を見て感心していたが、これからは面倒くさがらず世間で人気&認知されている物は一応試さなきゃあと思うこの頃だ。

 

iPadから送信

何に惹かれるっていうと。

ここ数日、とても暖かく散歩するのに最高の天気。

 

街の中を歩いていると1時間はあっという間にすぎる。

日中、20度を超えていても日陰に入ると風が心地よく涼しいので、日本の様にただ蒸し暑くて疲れると言うこともない。

 

散歩をしていて何が楽しいかというと、やはり国や町によって個性が違うと言うところだ。

今住んでいるところは首都ではないが結構大きな海辺の街。夏でなくても私の様にビーチでのんびり時間を過ごしている人が結構いる。ワンちゃんの散歩をしている人と目が合うと、とても素敵な笑顔でBuen Dia と挨拶してくれる。ただただ、ゆっくりと幸せな時間が流れている。



ビーチから街の中に入るとお洒落なショップやレストランなどヨーロッパに雰囲気ににている、そこから住宅街にはいると大きな庭付きの閑静な住宅街にが立ち並ぶ。

また歴史を感じさせる建築物は老朽化している物も結構目につき、廃墟みたいな物もちらほら見かける。道路一つ隔てるだけでガラッと変わり、閑静な場所からスラム街で少し怖い雰囲気へ。なので気を抜かずに注意は一応払っている。

 

エックスサーバー

初めはビックリしたが、とにかく「vende」売り家が多い、至る所で売り家の看板を目にする、ジョークでは無く100mの間に何軒もあるから尋常では無い。日本の大都市のコンビニの数以上に多い。こちらは家を売りながら住んでる人も多いが、実際に売れてない空き家もかなり多い。 最近、日本でも空き家が問題になっているが、数ではこちらの方が断然多いだろう。

また生活にかかせない車はピックアップカーや大型車が多いが、結構ガタガきてても現役で走ってる車も多く、エンストなのか道路で車を押している人達を時々見かける。

この様な感じでレトロとモダンな雰囲気が混在している社会は見ていて飽きないし、力強く魅力を感じる。どこへ行っても綺麗で整理されている日本とは全く違う。

 

特に惹きつけられるのは、あちこちで見かけるストリートアート。

エネルギッシュな物や哀愁を感じる物があり結構面白い。

どんなメッセージ描かれているのか想像する。

 

アルゼンチンに来て、あちこちで国旗🇦🇷を目にする。我が家もそうだが、家の窓に貼ってたり飾ってたりするし、大きな道路でも頻繁に国旗が立ててある。 今まで日本で日の丸をこんなにみたことがあるか?!

 

郊外で見かけたバス停。何を伝えたいのか?

 

こちらは木材屋の壁結構インパクトがある。一瞬見た感じ日本の柳の木と幽霊の物語に出てきそうな感じ。

 

今後もどんな物に遭遇するのか楽しみにしながら、歩いている。

さて、今から散歩に行ってきます!!

 

iPadから送信

ひと安心⁉️

初めてイミグレーションに行ってきました。

 

海外に住む外国人にとって避けて通れないのがビザの手続き。

これまでも他の国々でも何度も手続きをやってきた。 国によるとも思うが、ビザの取得や更新は結構面倒く時間がかかるし、前もって調べて準備してもスムーズに事が運ぶ保証もない。

 

急遽こちらに来ることになり事前に日本で書類の手続きを一切してこなかった為、

インターネットでどのビザで滞在延長を申請するのがスムーズなのか、日本からの書類手配、郵送状況、翻訳証明など情報を確認したが、やはり時間がかかり面倒くさい。

念のために、ccoki夫に早めにイミグレーションへ確認へ行ってもらった。

 

エックスサーバー

結構心配していたが窓口の係の方が、「1回限りのみ90日間延長できます。料金は4,000ペソ支払うことになりますが。」と説明してくれた。日本人だけど、本当に大丈夫か確認してもらい。「問題ない、ビザの期限が切れる直前に手続きにくるといい」と言われたので安心してイミグレーションを後にした。

 

あと1週間でビザの期限が終わる為、やはり何か問題があると怖いので、イミグレーションへ早めに行くことにした。

家族を学校に送ってからイミグレーションには10時ごろに到着した。

受付でビザの延長というと直ぐに窓口へ案内されて順調で嬉しい。

窓口は6席ほどあり、私達以外に1組だけしかおらず、静かな雰囲気。

 

私の窓口の担当者は、年配の女性ですごく柔かに「Buen Dia」とあいさつしてくれたので、こちらも笑顔で応対しやさしそうで安心した。

その後、ccoki夫が隣で説明を始めパスポートを渡す。既に安心し切っていた私だが、段々と彼の声のトーンと顔の引き攣りを察知しどうしたのか目で合図すると、、、

「この人何にも分かってない、ビザの延長が出来ない。とりあえず、空港の入国管理に電話するわー」って言っていると。

「😳😳😳何でそんなに、話が変わるのですか???」とだんだん心配になってきた。

 

目の前で電話をかけている内容によると、出国する時に不法滞在になるので早めに空港に行き、ペナルティを払って手続きをする事になり罰金は12,500ペソかかる。空港はクレジットカードで払えるから大丈夫との事。

 

「お金の問題じゃなく、それって不法滞在の記録が残るという事でしょう。今後、ビザの手配をする時に問題じゃないか?大丈夫ってどういう事!納得できない」と私。

隣では前回確認に来た時、別の担当者から1回限り90日間の延長が4000ペソを支払えば出来るって説明されたけど違うのかと再度強めに確認。

「私の他に担当者は一人しかいないの、彼は今日お休みなのごめんなさい。」といい直ぐにどこかへ電話をかけて確認し始めた。

電話を切ると、「あなたが言ったとおりできるみたい、今までこんなのやった事がなかったので知らなかった。今からシステムで書類を作るから」と書類を2枚記入し、請求書を受け取り一番近くの銀行で支払いに行き、10分ぐらいで領収緒をもらって窓口に戻ってきた。

この時点で既に11時を回っていた。

 

その後もシステム入力が全然うまくいかない模様。

取り敢えず、やっと写真撮影と10本の指の指紋を取られる。私達以外はとうとう誰もいなくなり他の窓口担当者は世間話や携帯電話をいじっている。

その間も近所のカフェの定員さんがコーヒーの注文伺いにきており、私の担当者もすかさずコーヒーとメディアルナ🥐を頼んでいた。 さすがに担当者も申し訳なさそうに「時間がかかってごめんなさい。この手続きは初めてで分からないから、なかなか難しい」と言いながら他のスタッフにもシステムが上手く入力できないと助けを求めていた。

ヘルプの2人もわからない様で、2階から少し怖めの上司がやってきた。少しPCを見つめながら、「それは入力しているページがそもそも間違っているから先に進まない」といいさって言った。残された3人は少し笑いながら、正しいページに入力し始めた。

 

もうコメディみたい😅

その後パスポートにビザのスタンプが押され上長のサインも記入された。ここまでくれば、少し安心。

気がつけば既に12時、周りに人はみんなお昼に出かけて、私の担当者のみになった。

さらに30分ほど待ったが、やはりシステムが完了できない模様。

「パスポートには既にビザの延長スタンプもあるし、待ってもらうのも申し訳ないから帰ってください。システム入力は責任持って完了するから安心して」って安心できないって言うのーーー🥹

 

と心配しつつも待ってもしょうがないので帰る事にした。

この時点で既に12時半を回っており、無性に疲れお腹も空いたのでランチでも食べるか。

 

他の国に比べて窓口の人たちはリラックスしており優しいけど、何故か心配が拭えない。さて出国する時にスムーズに行きます様にと。。。

 

 

iPadから送信